読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パステル色な日々

気ままに綴るブログ

Jenkins 2.0おじさんとレガシー環境を駆け出していく

境遇

レガシー環境で働けているので改善活動が捗る今日この頃。 自動テストをいよいよ実行したいのでCIサポートしてくれるツールを考えてみた。 オンプレの制限があったのでJenkinsがまっさきに思い浮かんだがあまり導入にポジティブじゃなかった。 TECHNOLOGY RADARを読んであまりいい印象じゃなかったから。 とは言え課題のコード品質アップにCI環境は必須だ。 ちょうどpepaboが採用している記事を見かけたのでDrone.ioも検討したが、そのままでは利用できないのでplugin作ろうとしたが、あまりマイナーに突っ走ると周りがついてこれなくなると思ったので断念した。 そんなこんなで結局JenkinsおじさんとCIデビューすることになった。

インストー

サーバは適当に用意してOSにはCentOS7を採用した。 JenkinsはMasterとNode×2の構成にした。 Masterには実際のビルド実行環境を用意せず、Nodeにまかせることにした。 Masterの作成にはAnsible Playbookを作成した。 JenkinsのRoleは充実していてGalaxyで配布されているものをそのまま利用した。

github.com

NodeにはSSHとGitとJDK 1.8を最低限インストールしておき、Masterからの認証ができるようにしておく。 SSHを使ったNodeの追加はプラグインでサポートされているのでMasterにプラグインを導入するのを忘れずに。 JDK 1.8なのはJenkins 2.54からJava8が必須になったから。

jenkins.io

あとはNodeにビルド環境を構築すればおっけー。

Pileline as a code

CI環境を用意したらビルド時に行うこと、つまりPipelineを登録する。 Jenkins 2.0からはJenkinsfileをつかった登録方法が一般的だ。 Jenkinsfile用意してリポジトリ上で管理するとチームメンバに嫌でも目に入るし、何をやっているのかもなんとなくわかってもらえると思う。 Jenkinsfileの構文はとても簡単にできるDeclarative Pipelineとより高度な設定を記述できるScripted Pipelineが用意されている。

jenkins.io

やっていることはBuild, Test, Deploy, Lintで今のところはDeclarative Pipelineで運用している。 実行中に失敗したらRocketChatに通知するようにしている。 Declarative Pipelineでは失敗のステータスから成功に変わった時にイベントを登録する構文が用意されていないのでScripted Pipelineで解決できるなら試してみても良いかもしれない。

Jenkinsfileはリポジトリのルートにおいておくと便利だ。 Jenkinsのジョブ作成にGitHub Organization Folderを利用すると自動でJenkinsfileのあるリポジトリを見つけてJenkinsに登録してくれる。 リポジトリにWebHookを設定しておくとPush時に自動でジョブを実行してくれてCIを実現しやすくなる。 実はうまく行っていない事例としてブランチ名を xxx/yyy みたいにスラッシュを含むようにするとリポジトリスキャン時に登録できるもののPush時に自動でジョブを実行してくれないと言うものがある。

Blue Ocecan

Jenkinsの見た目にはMaterial Designを利用しているんだけど、近頃Blue Ocean 1.0がリリースされたこともあってインストールしている。

jenkins.io

見た目がモダンなデザインでGUIを利用してJenkinsfileを作成したりできるみたいだけど試せていない。 今のところは見た目のおしゃれさでしか恩恵を受けられていないんだけど、チームがJenkinsへ慣れ親しんでもらうためにGUIで色々できるようにしたい。

Jenkinsの所感

たまーにリポジトリのfetchに失敗していたりして、 git fsckgit gc をやってやらないといけない時があるのが謎だったりするのですが、今のところ問題なくコード品質の改善に一役買ってくれている。 Jenkinsはジョブの登録が自由にできるため、CIに関係ないジョブ (ansible playbook使ったサーバ構成のジョブなど) を登録できてしまうが、CIと関係のないジョブは登録しないようにしようと思った。 というのもジョブの実行にWeb APIが使えて便利だからといろいろ登録すると、何のためにとか依存関係が不透明化したジョブがたくさんできて煩雑になりそうだからだ。 Jenkinsおじさんになんでも押し付けるのではなく解決したい課題にあったツールを模索していきたいところである。